オリジナルの店頭幕でアピール
トップページ > デザイン作成の手引 > エクセル・ワード・パワーポイント データ作成の注意事項

エクセル・ワード・パワーポイント データ作成の注意事項

Microsoft Officeソフトの「文字」について
Microsoft Office系アプリケーションであるexcel・powerpoint・wordでデータを作成する際には、並べた文字がどのフォントになるのかフォント名を空いたスペースに書き加えて下さい。
ほとんどのフォントが弊社で開く際に違うフォントに置換されてしまうため、お客様が明朝を指定して頂いたにも関わらず弊社で開くとゴシック体に変わってしまうことが多くあり得るのです。
ですので、余白のスペースに、どの文字がどのフォントになるのかを記入して頂きたいのです。
全ての文字が同じフォントでよい場合は、「全ての文字は明朝」などのように1つにまとめて記入して下さい。
お時間にゆとりがありましたら、弊社サイトの左メニューバーにあります「フォントサンプル」から使用したいフォントを選んで下さい。
弊社にあるフォントを使用しますとトレースの料金が別途かからないため、お安くすみます。
フォントサンプルにご希望のフォントがない場合は、入れたい内容の文字を入力してプリントアウトした文字を郵送で送って頂くか、jpgデータに変換した文字の画像をメールに添付してお送り下さい。
弊社のDTPオペレーターがIllustratorソフト上でトレース作業を行い入稿が可能なデータの形に仕上げます。トレース作業分のデザイン料金が加算されます。
Microsoft Officeソフトの「色」について
Microsoft Office系のアプリケーションは、デザイン用のアプリケーションではないため、印刷機にかける際に必要なCMYKカラーモードがなくモニターなど専用の色構成「RGBカラー」しか選択できません。
印刷の際に色が変わってしまいモニター画面で出る色とは全く異なった色で印刷されてしまう恐れがありますので、色指定はモニター上で行わず、別途色指定をご用意してください。
細かく色の指定を行いたい場合はモニター上で色を確認せずにプリントアウトした色見本を郵送でお送りください。
特にこだわりがなく、おおまかな青や緑などの色でもよい場合はパソコンモニター上での指定でもかまいませんがシビアな色の指定がある場合はお客様のイメージしている色と弊社のイメージする色で若干のズレが生じる可能性がありますので(例えば紺色といいましても、たくさんの紺色がございます)先に述べた、印刷された色見本にて色を確定して頂けますようお願いいたします。
無料お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら